引越しするなら見積もりしなきゃ

作業の段取りをリストアップするように

引越しを業者に依頼する際には、ある程度の引越し費用を想定する必要があります。どれくらいの費用がかかるかは、ネットである程度確認することが可能なので、自分の引越しに必要な家具類の量と、引越の距離を想定していけばある程度の費用を算出することができます。

 

 

 

この費用が高すぎると思うのであれば、自分で引越しの段取りをしていく事にあります。引越しは準備さえちゃんとできれば、自前でも問題無く引越し作業を完了させることができるのです。

 

 

 

この時重要になってくるのが、引越しの手続きとなります。不動産屋の担当者から新居の鍵を受け取ることが想定できる日までに、どれだけ準備を進めていけるかがポイントとなってきます。

 

 

 

その為に、梱包作業を早い段階から済ませておく事が大事です。特にお皿などの割れ物に関しては、段ボール箱の中に積み上げているだけでは、トラックの衝撃で割れてしまう可能性があります。

 

 

 

これを回避するためにも、コップやお皿一つ一つを梱包材で包んでいくといった作業が必要になります。このような準備を前もってやっておけば、引越し予定の数日前にはある程度余裕を持って作業をしていくことが可能になります。

 

 

 

引越しの際に忘れがちになるのが、住所変更の手続きです。引越し先に全ての家具類を移動させて、作業が完了した後から転出届を取るのを忘れていた場合は、また引越し前の場所まで戻って市役所に取りに行く必要があるのです。

 

 

 

これらの手続きは、2週間前から行うことが可能になるので、転出と転入届も引越しをする作業のリストに入れておくべきです。そして、クレジットカードや各ショップの会員カード、その他の住所の登録が必要な手続きも早めに終えておく必要があります。

 

 

 

重要な郵便物が、新しい入居者期に届くようにするためには、これらの作業内容もリストに入れておくことが大事です。

 

 

 

引越し先では、すぐに住み始めるのは難しいので、早い段階からカーテンの寸法を測っておき、適合するサイズのカーテンを買っておく必要があります。そして、絨毯を敷く予定があるのであれば家具類を搬入する前に敷いておくようにします。

 

 

 

このように作業の段取りのリストを時系列に並べていけば、最初に何をやらなければいけないか分かってきます。引越し作業は慣れてくるととても簡単のように思えますが、不意に忘れてしまう物が出てくると、効率の悪い引越し作業となってしまうことがあるのです。

 

 

これを回避する為に、忘れそうな物は早めに済ませていくことが大事なのです。

 

時期で相場が変わる引越しの費用を抑えるには事前の準備が必要

 

引越しの相場というものは人数によって変わってきます。1番安いのは単身ということになります。その単身での相場は距離によって変わってきます。荷物が少なくて50km未満先への繁忙期の引越しとなれば39,719円となります。200kmまでとなれば、52,148円となります。500km未満なら43,904円となります。500kmを超える遠距離地方では63,482円となります。

 

 

 

荷物が多くなると、これらの料金に1万円から3万円がプラスされます。これが依頼が減る通常期の5月から6月、9月から11月の時期などは、この料金よりもかなり安くなります。平日であれば更に安くなりますし、午前の方が安くなる業者もあります。

 

 

 

通常期と呼ばれる間は、繁忙期よりも7,000円から10,000円は安くなります。深夜や早朝には割り増し料金となりますし、冬の時期には冬季の割り増しとなる業者もあります。そこを注意して申し込みをするのがポイントです。予約を早く取れば、より安い費用で引越しができたり、大きな家電製品だけ業者に運んでもらえば安くできたりします。

 

 

 

荷物が多くなれば多くなるほど作業員が多くなります。1人あたりの作業員の目安は12,000円ほどとなりますから、その人数がかかった分だけが加算されるわけです。安く費用を抑えたいなら、荷物を事前にリサイクルショップに買い取ってもらったり、人にあげて処分して準備しておくことがポイントです。

 

 

 

いかにスムーズに短時間で引越しをするかと考えた時には、事前に準備をしておきましょう。服などはなるべく自分でダンボールに入れておくとか、タンスの中の服も取り出しては箱などに入れておきましょう。

 

 

 

触られたくない貴重品やプライベートな物は自分でバッグに入れて持って行けるようにしておくのが大切です。平日に引越しをしたい時には会社には有給休暇を使って前もって休みを貰っておくとか、トラブルがないように近所にもバタバタと騒がしくなることを事前に伝えておくのも大切です。

 

 

 

どの業者なら安く、要望に合う作業ができるかを一括査定で査定しておくのも良い方法です。査定ができるサイトでは、100社もの業者からその希望する日を選んでは、料金をすぐに表示するサイトがあります。候補をピックアップしては比較してみて、自分に都合の良い業者を選ぶといいでしょう。

 

 

 

単身ならWEBから申し込めば割り引きとなったり、キャンペーンをやっているからそれを利用してみるのも良い方法です。エリアによって割り引きとなったり、2ボックス以上なら更に安くなる割り引きもあったりします。これらを合わせては費用を安くするのもコツです。